完済から10年、過払い請求で100万円戻ってきました

完済から10年、過払い請求で100万円戻ってきました

学生の頃、先輩から無理やりですが、ネットワークビジネスに誘われました。ネットワークビジネスが何かも知らず、おいしい話にとびつきました。売れもしない男性用スーツと化粧品のネットワークビジネスでした。

学生だったので、最初の軍資金15万円を消費者金融2社から10万、5万と借りました。その時両親、親戚の連絡先と実際の確認作業を金融会社の人がしていたのを覚えています。

金融会社の奥からは怒号が飛び交っていたので、「普通の会社じゃないな」と学生ながらに思いました。実際そのネットワークビジネスを半年間続け、元は取ったので借金返済に充てるつもりが、大金を手にした(100万くらい)ことで、金銭感覚がおかしくなってきました。

借金返済は2社で月々で3,000円と5,000円余裕で返せていたのですが、元本はほとんど減っていませんでした。ネットワークビジネスで儲かったお金もあっという間に無くなり、金銭感覚がくるった私は消費者金融から借り入れの増額、他社からの借り入れをし、総額で約100万円の借金をしました。

社会人になっても給料のほとんどが消費者金融の返済、さらに借入が続き、元本が減らない悪循環に陥りました。普通の金銭感覚に戻すにはどうしたらよいか考え、運よくそれなりの給料がもらえる会社に転職し、少しでも元本が減るように付の返済を決まっている返済額より多く返していきました。

結局18歳から続けた借金は完済するまでに10年以上かかりましたが...完済後もうすぐ10年たちますが、いまだに車でもローンで買うことをためらいます。自分がやらかしたことなので仕方がないですが・・・

利息元本込でいくら払ったか、もう計算もしたくありませんが、最近過払い請求で100万円戻ってきました。完済した方はぜひやってみて下さい。弁護士費用とか手数料は過払い金で支払えたので、1時間くらい弁護士さんとお話しして、後は電話連絡で進捗を伝えてくれるだけでした。

また金銭感覚がくるわないようにしなくては...

債務整理体験談記事一覧

クレジットカードで買い物しすぎ消費者金融で借りても返せない
多重債務に陥っており、気付けば消費者金融で借入した金額も返済できなくなってしまいました。今は司法書士に頼み、債務整理中です。
カードローン返済の過払い請求で90万円戻ってきたけど
数年前に巷で取り上げられた「過払い請求」をお願いしたところ、九十万円ほどが戻ってきました。でも消費者金融からお金を借りるのは慎重にしないといけません。
200万円の借金を任意整理をして3年、返済が完了
一人暮らしをしていましたが、もちろん生活苦。どうしようもなくなり無料の弁護士相談に行き、任意整理をして3年後返済が完了しました。
うつ病で働けず借金返済と生活費がかさみ夫婦2人で自己破産
最終的には2人で500万ほどの借金になっていました。結局私たちは自己破産してしまいました。 それから10年以上たち、夫はまたプロミス等から借りているようです。
ヤミ金は怖い目には遭いませんでしたがやはり怖かった
毎月足りない。それからは坂道を転がるように、大き目のお金を借りてはちょっと返し、返す為に別の業者から借入をして、と自転車操業を繰り返していました。
特定調停と過払い金請求を行って借金地獄から脱出できた
私は特定調停と過払い金請求を行って、その借金メビウスの輪から脱出しました。信用情報なんて5年もすれば消えますからまたなんぼでもやり直せます。
ヤミ金からのひどい取立てもすぐにストップ 弁護士さんに感謝!
ヤミ金の取立ては仕事中とかお構いなしの電話連絡。次に会社や親への連絡。最後は直接会っての会談。あまりに精神的に厳しくお金もないのに弁護士さんに相談。そこから天国へと変わりました。
一部上場企業勤務 ステータス高いクレジットカードで偉くなったと勘違い
20代前半から始まった金策の日々はなんと40代半ばに弁護士さんを通じ債務整理の日まで続き今やっと幸せな日々を送れています。
詐欺にあい借金 転職して収入も減り、おまとめローンも審査落ち
転職して、借金金額も増えていき、新たに申し込んでも、審査が通らないのです。金融機関におまとめローンの申し込みをしましたが、結果は散々、任意整理の道になってしまいました。
滞納した税金の支払いで借金 債務整理と離婚を経験
結婚してから主人の借金が発覚。その額150万円。主人は債務整理。こんな暮らしを一生続けていくのは無理だとお互いに限界を感じ、離婚してひとりで返済しました。
完済から10年、過払い請求で100万円戻ってきました
最近過払い請求で100万円戻ってきました。弁護士費用とか手数料は過払い金で支払えたので、1時間くらい弁護士さんとお話しして、後は電話連絡で進捗を伝えてくれるだけでした。

>

このページの先頭へ