個人再生が向いている人、向いていない人

個人再生が向いている人、向いていない人

個人再生が向いている債務者のケース

個人再生というのは、債務者の方の救済方法の一つとしてあります。借金をためこんでしまい、債権者に返済ができなくなってしまったというのは、確かにその債務者の方に責任がありますので、罰を受けても当然だとも考えられるのですが、債務者の方の救済方法も、法律によってきちんと用意されていますので、借金が返済できなくなってしまったからといって、人生終わりというわけではなく、そこまで悲観的になったり、絶望的になるような必要もありません。

債務者の方にとって、どのような方法で債務整理をすれば一番良いのかという点は、弁護士や司法書士の方が十分わかりやすく教えてくれますし、判断をゆだねる事ができます。

条件にあてはまらなければ、個人再生をしたくてもできないという場合がありますので、個人再生をしたいと思っている債務者の方も、ひょっとすると個人再生ができない状況かもしれないという事も心得ておく必要があります。

将来、一定の収入が望めないような方や、借金の総額が5000万円を超えてしまっているという方は、やはりそれだけ個人再生が無理になってきます。

個人再生が無事できるという事になりましたら、具体的に三年間で返済できるようなプランを考えていきます。無理なプランをたててしまいますと、それだけ自分の不利になったり、三年たっても返済できないという事になりますので、注意が必要です。

個人再生では、住宅を徴収されてしまうというような事もないので安全です。

個人再生の計画書が承認されなかった場合

個人再生をする前に、ご自分でも、この債務整理方法についてよく理解しておくという事が必要になってきます。個人再生は、地方裁判所に申し立てを行います。それが承認されましたら、今度は再生計画書が無事に承認されるようにします。そして承認を得る事ができましたら、支払がスタートになります。三年間で完済を目指していくようにします。

この他にも、特定調停という方法がありますが、これは、まずは簡易裁判所に申し立てを行い、調停成立しましたら、支払スタートとなります。調停では、弁護士の経験が5年以上ある二人の調停員によってされます。

いずにしても、個人再生というのは、承認を得る事ができなければ、無事に完了させる事はできないようなものです。そのため、できる限り円滑に、素早く個人再生を進めてもらうためにも、優れた法律家に依頼するという事が大切です。その依頼先の選び方によっても、個人再生の成功率は大きく異なってくるのです。

個人再生というのは、好まれやすい方法ですが、承認を受ける事ができないことも少なくはなく、手続き自体が難しいという点があります。また、個人再生計画書ができあがっても、その通りに返済をする事ができないという事もあり、トラブルのもとになるケースもあります。個人再生をしてから、最長10年間は借り入れを行う事ができませんので、返済が難しくなったとしても、金融と取引をする事はできなくなってしまいます。

個人再生期間中の過ごし方

個人再生の手続きが無事済めば、比較的今までよりも心にゆとりができます。勿論、三年間の間で債務を返済していかなければいけないというようなハードルはありますが、比較的猶予も長く、精神的ゆとりもできるのではないでしょうか。個人再生というのは、2001年から始まった比較的新しい制度です。住宅などを失わずに済むという点は、債務者の方にとっては非常に大きな魅力だと言えます。

自分の財産に手をつけずにも、借金返済額の減額してもらう事ができる方法です。しかし、住宅ローンを抱えている場合には、そのローンなどは帳消しになりません。消費税についてもそうです。個人再生においては、減額される部分とそうではない部分があるという事をよく心得ておく必要があります。また、比較的手続きに要する期間が長いという事もあり、自分としてはもっと速くスピーディーにしてほしいというように、悶々とする事があるという点もデメリットに挙げられます。個人再生の手続きが終われば一件落着という事ではなく、その後三年間は、毎月借金額を支払っていかなければならないという事です。

といっても、個人再生によって減額されるので、今までの返済よりもかなり楽になります。楽だからといって、あまり返済を甘く見てもいけません。

その返済期間の間にトラブルが生じないように、細心の注意を払いながら過ごしていくという事も大切な事です。上手に返済していけるようにします。

個人再生、裁判所でやることは?

個人再生は、裁判所を通して手続きを進めていく事になりますので、裁判所からの許可や認可をその都度受ける事ができなければ、個人再生はうまくいきません。場合によっては個人再生をするという承認が裁判所から得られず、他の債務整理方法を選ぶしかない場合も有ります。無収入の方などは、確実に個人再生ができません。将来に向けて、借金支払能力があるとう方に限り、個人再生を受ける事ができます。

個人再生は、三年間の間で完済を目指していくプランです。しかし、この間に何か大きなトラブルがあり、返済できなくなってしまったという事になると、それだけリスクが生じてきますので、その三年間の間は、ぼやっとしている事ができません。何か起きてしまい、返済が困難になってしまった事も想定しておくという事が大事です。もっとも、やむを得ない事情によるのであれば、延長する事も可能なので、債務者の方にとって、救済方法は残されていると言えます。個人再生をして債務完済が無事にできたという方もいます。

通常は、じっくりとその計画書に基づき、計画的に返済をしていけば、三年間でも十分完済していく事ができるのです。そのためにも、自分の収入状況などに基づき、弁護士の方などと一緒に、無理のない返済プランをたてていくという事が不可欠です。

専門家の方と一緒に計画する事により、三年間でも非常に上手に返済していく事ができるようなプランを考えてもらう事ができます。

個人再生をスムーズに進めるには

個人再生をするために、まずは司法書士や弁護士の方に相談しに行くという方がほとんどです。一般の方は、やはりそんなに法律に詳しくないという方も多く、自分が思っている個人再生の他に、もっと違う知識を、相談によって得る事ができる場合もあるのです。

また、多くの方が、個人再生をする際には、個人再生を専門に扱っているような弁護士事務所など、法律事務所を選ぶと思いますが、本当にその法律事務所によっても、法律家の方によっても、その個人再生の手続きの進み方は異なっています。個人再生に慣れている人であれば、やはりそれだけ円滑でスピーディーです。いかに個人再生が上手な法律かを厳選するかという点も、個人再生の成功率に影響してくるというわけです。

このような優れた法律家に依頼する方が、かなり効率的に個人再生を進める事はできますが、その分依頼料、成功報酬などのコストがかかってくるという点も忘れてはいけません。そのため、できる限り上手に個人再生を進めていく事ができるように、相談の時に、料金システムについても確認しておくという事が大事です。

いくら優れた法律事務所であっても、もしもその依頼費用などが高かったり、場合によると手数料がかかったり、追加代金がかかるというような事があれば、本人の負担になってしまいます。いかに少ないコストで個人再生についての依頼ができるかという点を考えていくという事も大切です。自分の負担にならないようなところを選びます。

個人再生記事一覧

個人再生が向いている人、向いていない人
個人再生が向いている債務者のケース 個人再生というのは、債務者の方の救済方法の一...
個人再生する前に知っておきたいこと
個人再生にもデメリットはある。 個人再生には、メリットがたくさんありますが、利用...
個人再生の成功のポイント。人生の再出発のために
個人再生は難しい?個人再生の成功のポイントとは? 個人再生の手続きをしてもらって...
個人再生の仕組み。どのように手続きが進められるのか?
個人再生の手続きはどのように進められるのか? 個人再生をする場合には、これがどの...
個人再生とは?どんなメリットとデメリットがあるのか?
個人再生とは?どんな債務整理方法なのか? 皆さんは、個人再生という債務整理方法は...

>

このページの先頭へ