個人再生する前に知っておきたいこと

個人再生する前に知っておきたいこと

個人再生にもデメリットはある。

個人再生には、メリットがたくさんありますが、利用する際には、きちんとデメリットについても理解しておく必要があります。

確かに、個人再生には、優れた特徴がたくさんあり、他の債務方法と照らし合わせてみても、優れている面があります。裁判所を通してやりとりをするという点は、場合によっては面倒だと感じる方も多いですが、借金減額の割合がかなり大きいという点においては、やはり魅力的だと言えます。

借金が期日までに払えなかったり、かなりの額の借金をしてしまっている人は、強制徴収されてしまい、自分の土地などの財産を予告なしに取り下げられてしまうという事があります。自己破産に陥る人は、全財産を処分するという事になります。この方法は、あまりおすすめの方法ではありませんが、借金が将来的にも払える目途がたたないという方は、この方法しか残されていないという事が言えます。

借金返済能力が、将来に向けても比較的高いという事であれば、任意整理の方法を利用する事ができます。裁判所を通さずに手続きを進める事ができる反面、借金減額の割合はかなり低いです。
その中間が、個人再生という方法だと言えます。

自己破産と任意整理にはない特徴があり、人によっては、非常にうまくいくような選択方法です。三年間で完済を目指すという個人再生計画書を、法律家の方と一緒にたてていき、それを裁判所に提出して許可をもらうという方法です。

自己破産か個人再生か。専門家と相談して判断しよう。

債務者の方にとって、迷う事が多いのは、自己破産という方法を選ぶか、個人再生という方法を選ぶかという問題です。

どちらもそれぞれメリットやデメリットがあり、片方にはない特徴を備えているという事もあり、自分はどちらを選べば楽になるか、今後うまくいくかという点に戸惑うという方も多いです。そのような方は、やはり腕の良い優れた弁護士事務所などに依頼し、相談してみるという事が必要です。

相談だけなら無料としているところも多いですし、ネットから無料相談を受ける事ができるような機能もありますので、そのようなツールを有効活用してみるという事もおすすめです。それによって、自分がいったいどちらの選択をしたら一番良いのかという事がよくわかります。このような債務整理方法は、個人の方の債務返済状況や、資産状況、収入面等をトータル的に考慮した上で決めていきます。

しかしそれには、個人の決断よりも、法律家の方に依頼して、きちんと状況を把握してもらいながら、適切な選択をしてもらうというのが必要なのです。個人再生のプログラムの内容によっては、裁判所から許可を受ける事ができないという場合もありますので注意が必要です。

できる限り債務整理についての実績が高いような法律事務所を選んでいく事によって、非常に成功率もあがっていきます。どんなに優れた計画書を立案する事ができても、それが裁判所に通らなかったら、個人再生はできません。

経験豊富なプロを選ぶ。大きな弁護士事務所なら事例が豊富

個人再生を円滑に行うという事は非常に大切です。中には、コストをかけたくないからといって、自分一人で個人再生の計画をたて、裁判所に手続きしに行くという方もいますが、これは難しい面もあり、却下されてしまうケースも多いです。確実に個人再生を完了させたいというのであれば、やはり法律家の方に相談し、手続きを代行してもらうというのがおすすめです。

それによって、自分でできないような高度なコツも駆使して手続きを進めてもらう事も可能ですし、なんといっても、法律のプロですので、一般の方が知らないノウハウなどについても知っています。そのような専門知識を生かして、お客様のために手続きを進めてくれますので、債務者の方にとっても、安心できると思います。

個人再生をいかに円滑に行う事ができるかどうかというのは、それを依頼する先によっても異なってきますので、ご自分にとってどんなところが適しているかというのを考えていかなければなりません。

個人再生を上手にやっていく事ができる人は、やはりそれだけ経験豊富なプロだと言えますので、信頼できます。そのようなプロに書類作成などを依頼する事によって、自分もかなりスムーズに個人再生をすすめていく事ができますし、無事裁判所からの許可がおりるという事もありますので、非常におすすめです。

個人再生を円滑に行うということは、非常に大事な事なのです。それによって、色々な効能を得る事ができます。


個人再生は原則3年間で再生完了しなければならないが例外もある。

個人再生というのは、債務整理の方法の中でも、比較的リスクや負担が少ない方法だと言えます。自己破産といえば、自分の財産を犠牲にしなければいけないという事もあり、本人の精神的負担や物理的負担も大きくなりますが、個人再生にはそれがありません。

つまり、強制徴収はないという事です。そのため、債務整理を考えている人にとっては、非常に便利で有利な方法で、比較的好まれる債務整理方法ですが、デメリットがないわけではありません。個人再生においては、三年間で完済できるようなプランをたてていき、その計画事案を書裁判所に提出するわけですが、やはりそのためには、優れた法律家に依頼するというのが基本的なスタンスです。

また、そのプランを練っていく際には、必ず3年間で完済できるようなプランを練っていかなければいけません。しかし現実には、個人再生が無事できたとしても、その計画通りに進まないという事があり、トラブルが生じてしまうケースもあります。三年間の猶予があるという事は、債務者の方にとっては有利になる側面がありますが、言い換えれば、三年間は支払を続けていかなければいけず、継続して借金返済をしていかなければいけないという事です。

そのため、滞納のないようにしていかなければならないという事で、それがプレッシャーになる面もあります。もっともその期間中に事故や病気など、やむを得ない事情があった場合については、二年間の延長が可能になっています。

過払いばかりでなく、個人再生も視野に入れた提案をする専門家を選ぶこと

個人再生という方法は、他の債務整理方法の中でも、比較的人気があり、好感のもたれやすい内容のプランだと言えます。そのため、債務を整理するために、個人再生という方法を進んで選びたいという方も多いですが、実際、もっと追及して個人再生に関して学んでいかなければ、思わぬ落とし穴があるという事もあります。

個人再生の処理が完結してしまえさえすれば、あとはその計画書に沿って返済をしていればいいという事になりますが、個人再生の特徴としては、手続きの段階が非常に難しいという面があります。裁判所や債権者からの合意を得なければ、個人再生を成立させる事ができないという事があり、手続きが難航してしまうケースもありますし、その人の立場や現在の状況によっては、個人再生する資格や条件にあてはまらず、受任されないという事もあります。

また、受任が無事済み、本格的に個人再生の手続きが開始したとしても、その個人再生の計画書の内容によっては、その手続きがうまくいかなくなり、却下となってしまう事もあります。個人再生は、裁判所とのやりとりが非常に大きな要となっているものです。任意整理は裁判所を通さないでも進められるという点が大きな魅力となっているわけですが、個人再生はそうはいかないのです。

腕の良い弁護士や司法書士の方に依頼すれば、いくぶんそのような事は防げるという事ができますので、経験豊富な法律家を選んで依頼するという事も大事です。

個人再生の受任から実施までどのくらい時間がかかるのか?

個人再生は、自己破産とは異なり、借金を全てなくすという事はできませんが、その分かなりの割合で借金返済額を最小にとどめる事ができ、将来に向けても、毎月の返済が楽になるという事が言えます。

このような事からも、個人再生は比較的好まれているような方法ですが、それにもやはりデメリットはあるとう事をこころえておかなければなりません。まず、個人再生というのは、迅速に手続きを終えたいと思っている人にとっては、それだけデメリットになります。なぜかというと、手続きの期間が長いからです。

弁護士の方に相談してから、実際に裁判所に提出などの手続きを開始するまでの間に、三か月を要する事もありますし、全体を通して半年かかってしまうという事があります。その期間は、他の債務整理方法と比べてみても、若干長くなっていますので、できる限り自分の希望の期間で終わらせる事ができるような債務整理方法を選ぶという事が肝腎になってきます。

個人再生というのは、非常に大きなメリットを得られるものですが、同時に、それだけ期間が長いという事です。それを考えたら、自分のニーズには合わないという方もいらっしゃると思います。債務整理方法の中でも、もっと迅速に手続きを終える事ができるような方法に切り替えるという選択肢もあります。

その手続きがどれくらいの期間を要するものかという点においても、しっかりと学んでいくという事が必要です。

個人再生計画が裁判所に却下されないために

自分が個人再生をしたくても、裁判所に却下されてしまう事があります。つまり、不認可です。このような事になってしまいますと、個人再生はできませんので、他に何か別の対策をとっていかなければ債務整理をしていく事はできません。もっとも、優れた弁護士の方などに依頼していれば、個人再生が受け入れられなくても、何か別の案を提案してくれます。

本格的に個人再生をするのであれば、その仕組みや成り立ちについても、自分なりにきちんと学習していなければなりません。個人再生と人口にいっても、大きく分けて二種類あります。一つは小規模個人再生、もう一つが、給与所得者等再生です。自分はどちらにあてはまるのかという点についても、よくわきまえておく必要があります。

個人再生ができるのであれば、自己破産を選ぶよりも、まずは個人再生に挑戦してみるという事がおすすめです。なぜなら、自己破産によって借金は全て免責されてなくなりますと、同時に自分の財産もなくなってしまうからです。借金免除の犠牲に、自分の財産を投げ出さなければならないというわけです。

これはやはり、借金から逃れる事ができても、非常に哀れな結末です。そのような方法は、余儀なくされた方です。しかし、もしも可能であれば、個人再生をしてたてなおすという事が望ましいです。
自分の財産もそのままにしておけますので、いくらか安全です。さらに、借金の範囲も狭める事ができるのです。

個人再生記事一覧

個人再生が向いている人、向いていない人
個人再生が向いている債務者のケース 個人再生というのは、債務者の方の救済方法の一...
個人再生する前に知っておきたいこと
個人再生にもデメリットはある。 個人再生には、メリットがたくさんありますが、利用...
個人再生の成功のポイント。人生の再出発のために
個人再生は難しい?個人再生の成功のポイントとは? 個人再生の手続きをしてもらって...
個人再生の仕組み。どのように手続きが進められるのか?
個人再生の手続きはどのように進められるのか? 個人再生をする場合には、これがどの...
個人再生とは?どんなメリットとデメリットがあるのか?
個人再生とは?どんな債務整理方法なのか? 皆さんは、個人再生という債務整理方法は...

>

このページの先頭へ