債務整理してもクレジットカードが使える場合

債務整理してもクレジットカードが使える場合

借金問題の専門家に債務整理を依頼すると、持っているクレジットカードは全て使えなくなってしまうと考えている人も多いと思います。むしろ、ほとんどの方がそう思ってると思います。

でも実は債務整理の手続きの方法によっては、今持っているクレジットカードをそのまま使える形で、債務整理を行うことも可能なのです。

どのようにすれば、使えるクレジットカードを残したまま、債務整理の手続きを進めることができるのでしょうか。

債務整理には任意整理や自己破産、個人再生等、いくつかの方法がありますが、このうち任意整理と特定調停については、どの業者に対して整理の手続きを行うか、相手先を選ぶことができます。

そのため、借入れを行っている業者に対してだけ任意整理や特定調停の手続きを行えば、 その時点で保有しているカードのうち、整理の対象となっていない業者のクレジットカードは 任意整理や特定調停を行っている間も引き続き使用することができるのです。

もちろん任意整理や特定調停の対象としなかった業者のクレジットカードが引き続き使えるかどうかは、 そのクレジットカード会社の判断にもよります。

クレジットカード会社であれば、個人信用情報に事故情報があれば、すぐに知ることができます。

あなたが別のカード会社や消費者金融などに対して任意整理や特定調停を行っているという情報を把握することも可能です。

その情報によって今後のクレジットカードの使用を停止するかどうか、 その判断はクレジットカード会社によって異なる場合もあるのです。

しかし自己破産や個人再生によって債務整理を行う場合は、全ての債権者が対象となるため、 現在保有しているクレジットカードは全て使えなくなってしまいます。

奥さんには内緒で債務整理の手続きを進めたい場合など、奥さんに 預けているクレジットカードだけは引き続き使えるようにしておきたいということもあるでしょう。

借金問題の解決方法について専門家に相談する場合は、このようなことも踏まえて話をしてしてみるとよいでしょう。

あなたにとって、最適な方法で債務整理が進められるように、力になってくれるはずです。

家族のクレジットカードは債務整理後も使えるのか⁉︎

債務整理をすると、家族全員クレジットカードが使えなくなってしまうのではないかと考える方もいるかもしれません。

しかし基本的にそのようなことはありません。

任意整理や自己破産など、債務整理を行って使えなくなってしまうのは、債務整理を行った本人名義のクレジットカードだけです。

同居する家族がクレジットカードを持っている場合、あなた本人の名義のクレジットカードでなければ、同居する家族の方のクレジットカードは引き続きそのまま使うことができます。

例えば旦那様が債務整理を行う場合、奥様名義のクレジットカードや、お子様名義のクレジットカードであれば、それは引き続きそのまま使うことが可能なのです。


しかし家族の方が保有しているクレジットカードが、あなたのクレジットカードの家族カードの場合は、あなた本人がカードが使えなくなってしまうと、家族のカードも同時に使えなくなってしまいます。

家族に内緒で債務整理をしたいという場合、クレジットカードが家族カードになっているかどうかを確認するのが大切でしょう。

あなた名義のクレジットカードで、家族カードとしてご家族の方がカードを持っている場合は、内緒で債務整理を進めていくというのは非常に難しくなってしまいます。

任意整理や特定調停など、特定の業者のみを対象とした債務整理であれば、家族カードを保有しているクレジットカードを残して債務整理の手続きを住めることも、できなくはありません。

その辺も含めて、専門家によく相談されるとよいでしょう。

債務整理のQ&A記事一覧

債務整理をしてブラックリストに載ってしまうとどうなるの?
借金問題の専門家に債務整理を依頼すると、個人の信用情報に事故情報が登録されること...
債務整理してもクレジットカードが使える場合
借金問題の専門家に債務整理を依頼すると、持っているクレジットカードは全て使えなく...

>

このページの先頭へ