過払い請求は自分でもできる。方法とメリット・デメリットは?

過払い請求は自分でもできる。方法とメリット・デメリットは?

過払い請求ができなかった場合を想定すること

過払い請求を考えている人の中には現在進行形でたくさんの借金を抱えている人もいるかもしれませんが、そのような人の中には過払い請求で過払い金が戻ってくることに全てをかけている人もいるかもしれません。

過払い請求によって過払い金が戻ってくる場合は、戻ってきたお金を借金の返済に充てることが可能となるので、借金問題が一気に解決することもありますが、過払い請求で必ずしも過払い金が戻ってくるとは限らないため、過払い金が戻ってこない場合は他の方法で借金問題の解決を考える必要があります。

過払い請求で過払い金が戻ってこなかった場合に考えたい借金問題解決方法に借り換えローンと呼ばれるローンの利用があります。

これは複数の金融機関からお金の借り入れをしている場合に借り入れ先を一本化することによって借金が返済し易くするようにするというローンで、借金問題解決方法としては有効な方法として多くの人が利用をしています。

しかし、借り換えローンを利用する場合に注意しないといけないのが、借り換えローンを利用して借金をまとめた場合は後から過払い請求をする時に、本来のお金が返ってこないことがあります。
そのため、借り換えローンの利用を考えている場合は優先的に過払い請求を先にしてからの過払い請求となりますが、借り換えローンはあまりにも借り入れ先が多い場合は利用することができないため、その場合は債務整理による借金問題解決になってきます。

自分で過払い請求する際に必要な知識

過払い請求を自分でする人も多くいますが、過払い請求を自分でする多くの人は過払い請求を法律の専門家に依頼すると高額な費用が発生する可能性があるという理由で過払い請求を自分でしています。

過払い請求をするためにかかる費用は安くても20万円以上するのが一般的なので、特に借金問題を抱えている人からするとこの20万円という費用は非常に大きな費用となるため、できればお金をかけないで過払い請求を進めたいという気持ちはよく分かります。

最近は幸いにもインターネットという便利なツールが誕生しているため、何か分からなかった場合でも簡単に情報を集めることができるようになっていますが、過払い請求には金融機関との交渉があるため、金融機関と交渉できるだけの知識は事前に身に付けておきたいものです。

過払い請求で必要になってくるのはお金の知識で、特に金利やローンの仕組みは知識として最低限頭に叩き込んでおく必要がありますが、金融機関との交渉時にこちら側の知識があまり無いと思われると金融機関も強気で交渉してくるようになります。

もちろん、金融機関側もできるだけ過払い金の支払いは避けたくないので、できるだけ交渉時に過払い金の支払いをしなくていいような流れに持ってこようとしてきますが、こちら側にある程度の知識があると判断した場合はスムーズに話しが進む場合もあります。

裁判に進むケースがありますが、裁判になると自分だけでは対応が難しくなるため、法律の専門家に頼る必要が出てきます。

自分で過払い金がいくらか調べるには?

過払い請求は人によってスムーズに進む場合とスムーズに進まない場合がありますが、これは自分で過払い請求をする場合も法律の専門家に依頼して過払い請求をする場合も共通して同じことが言えます。

過払い請求がスムーズに進むか、スムーズに進まないかは、過払い金が有るという証拠を事前にどれだけ集めることができるというところで変わってきます。

これまでに金融機関から借り入れたお金について取引明細書などをすべて管理していた場合に、どの時期にどれくらいのお金を借りて、そのお金にどれくらいの金利が発生していたか分かるような状態であれば、金融機関側も返す言葉が無いため、過払い請求に素直に応じるケースが多くなっています。

金融機関側が素直に過払い請求に応じると、その後の話しの流れはスムーズに進むことが多くなっていますが、反対に過去にどれくらいのお金を借り入れたか分からない場合は過払い請求がスムーズに進まない場合があります。

自分で過払い金を調べる方法には過払い金を調べるためのツールがあるので、これを利用することによってどれくらいの過払い金が発生しているか知ることができますが、どれくらいのお金を借りていたか分かっていることが前提となっています。

自分で借り入れたお金を調べたい場合は対象となる金融機関に請求すると履歴を教えてくれますが、過払い請求が目的の場合は金融機関の対応があらかさまに遅くなる場合がほとんどです。

自分で過払い請求する最大のメリットは費用がかからないこと

過払い請求を自分でする場合は過去にどれくらいのお金をどこの金融機関から借り入れたかということと、その借り入れたお金は金利何%くらいで借り入れていたかということ、また借り入れた時期を知る必要があります。

これらの情報はもし自分で分からない場合も、借り入れをしていた金融機関に問い合わせることによって情報を資料として提出してくれますが、これを法律の専門家に依頼する場合はこれだけで数万円の手数料が必要になってきます。

借金を抱えている場合は特に痛い出費となると思いますが、自分でする場合はせいぜい郵便料金くらいで、かかっても数千円程度です。

また、過払い請求をする場合に過払い金が返ってくるかどうかの大事な金融機関との交渉に関しても、法律の専門家に依頼している場合はこれだけで費用が数万以上かかりますが、自分で交渉する場合は無料で交渉することができます。

自分で金融機関に交渉をしても話しが上手く進まないという話しもよく聞きますが、その場合は金融機関とまともに交渉することができるだけの証拠が無い場合で、事前に過払い金に関する証拠を集めている場合は金融機関側も言い逃れができないため、払わざる負えない状態になります。

このように過払い金請求を自分で行うメリットは、とにかく費用がかからないというメリットがありますが、費用があまりかからないということで過払い請求に失敗した場合も金銭的な痛手を負うことがありません。

自分でする過払い請求は手間がかかるのがデメリット

過払い請求をする場合に自分で金融機関と直接交渉して過払い請求を進めていく場合は、弁護士や司法書士などの法律の専門家に過払い請求を進めてもらう方法と比べて弁護士や司法書士などに支払う手数料が無いため、全体的に低予算で過払い請求を進めていくことができます。

これが自分で過払い請求をする上で弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼して過払い請求をする場合と比較してメリットの部分になってきますが、過払い請求をする人の中には借金を抱えているような人も少なくないと思うので、過払い請求をして費用がかからないのであれば、それに越したことはないと思います。

しかし、自分で過払い請求をする場合は非常に手間がかかってしまうというデメリットがあるため、このデメリットに気を付けて過払い請求を進めていきたいところですが、過払い請求に時間がかかる理由としては金融機関に直接交渉しないといけないという理由があり、金融機関側もできれば過払い請求をされてもそれに応じることはしたくないので、スムーズに過払い請求が進まないというものです。

過払い請求をすることによって信用情報に金融事故として登録されるという話しを聞きますが、ブラックリストに登録されるようなことは無いので、その点については心配する必要はありません。

ただし、過払い請求をした履歴は残るため、その履歴を見た金融機関が貸し出しに渋る可能性はなきにしもあらずです。

借金をしている弱みから過払い請求をためらっている方へ

過払い請求をする人の中には複数の消費者金融や銀行、クレジットカード会社などから借金をしている状態で、一部の返済は滞っているような状態の人もいるかもしれませんが、過払い請求をするという状況にあるということは、金融機関からお金の借り入れをしている状態であるということなので、過払い請求をする人の中に借金問題で悩んでいる人がいても不思議ではありません。

借金問題で悩んでいる状態にあると、金融機関からの催促や取り立てがある場合にそれが苦痛で仕方なく、気持ち的に病んでしまうことも考えられますが、気持ち的に病んでしまうと正常な思考で物事を考えられなくなります。

自分でも想像しないような突拍子もない行動を取ってしまうことがあるため、借金問題を抱えている場合は自分で悩みを抱えるのではなく、借金問題をどのように解決していくか考えて、必要に応じて関連する機関に相談をすることが大事です。

このような状態にある場合に少しでも借金を減らそうと過払い請求するのは一つの選択肢として十分にありますが、借金問題で悩んでいる状態で過払い請求をすることになると気持ちだけが焦ってしまい上手く金融機関と交渉を進めていくことができないこともあります。

そのため、借金問題で悩んでいる場合は自分で過払い請求をするという選択肢を選ぶのではなく、弁護士や司法書士に依頼する方が賢明で、将来的に債務整理をする可能性を考えた場合は特に法律の専門家に依頼した方が良いでしょう。

過払い金請求記事一覧

過払い金の請求で失敗しないために
主婦が過払い請求をする場合 近頃は主婦が主婦だけの信用情報で金融機関からお金の借...
過払い請求は自分でもできる。方法とメリット・デメリットは?
過払い請求ができなかった場合を想定すること 過払い請求を考えている人の中には現在...
過払い請求を弁護士・司法書士に依頼する
過払い請求を依頼するなら法律事務所?法務事務所? 過払い請求は自分で行うと言う人...
過払い請求の前に。時効やメリット・デメリットについて
過払い金の請求は時効に注意! 過払い金はグレー金利ゾーンでの借り入れをしていた人...
過払い金請求の基礎知識
払いすぎた利息を取り戻すための過払い請求 最近の消費者金融や銀行のキャッシングサ...

>

このページの先頭へ