自己破産の専門家をどうやって選べばいい?

自己破産の専門家をどうやって選べばいい?

自己破産を専門家に相談するメリット

自己破産をする際は、いかにして専門家を選ぶかということが大きなカギとなります。この点については、慣れないうちはどのように専門家を選べば良いのか分からず、苦戦することになるかもしれません。しかし、まずは専門家に相談することによって、一体どんなメリットがあるのかについて知ってみることが大切です。では、そのメリットとは、一体どんなものでしょうか。

まず、債務の状況について、正直に悩みを相談できることです。債務の話については、正直なところ家族の方や職場の同僚には相談しづらいものがあります。それこそ「債務の話をしたら、白い目で見られてしまうのではないか」とすら感じてしまうものです。また、「現在の人間関係が更に悪化したらどうしよう」という心理も働くようになるのです。

このことから、自分の身内に相談するようなことは、誰にとっても避けたいと感じるものです。では、こういう場合、自分で債務の問題を解決しないといけないのでしょうか。

実はそうではありません。自分で解決しようと思っても、なかなか解決に至らないものなのです。それよりは、専門家に勇気を出して相談してみる方が、色々なアドバイスをいただくことができます。

専門家は単なる理論ではなく、これまでの経験をもとにアドバイスをしていますから、それだけ有益なものになるのです。しかも相談に関しては、相談をしたことによって別途費用がかかるようなことがないので、金銭的な負担をすることなく可能になります。

法律問題・借金問題のボランティア団体の活用はどうなの?

自己破産のことについて相談しようとした場合、誰に相談するかを見極めるのは、非常に大きな位置を占めています。インターネットなどで色々な情報を探していると、ボランティア団体が自己破産に関する相談に乗っていることもあります。

ボランティアを利用する場合、料金がかからないことが多いものです。また、料金が発生したとしても、そこまで高額ではありません。このことを考えると、「お金に余裕がないからボランティアを利用してみようかな」という気持ちが生まれてくることもあります。では、このような考え方については、果たして有効と言えるのでしょうか。

ボランティア団体の活用については、あまりおすすめできません。それは値段の高い低いではなく、ボランティア団体の方々のスキルにあります。

ボランティアで行っている方は、無償ということもあり、お金をいただく専門家ほどスキルが高いわけではないのです。また、熱意に関しても、専門家とは比較しない方が良いことが多いです。もちろん、全てのボランティア団体がそうというわけではないですが、できることならスキルの高い専門家に自己破産の手続きを依頼する方が良いのです。

自己破産の手続きは、自分1人でできるものではなく、仮に専門家が行うにしても、それなりに高いスキルが求められるのです。手続きを行う人のスキルが低いがだけに、後々になって自分が損をするようなことは、是非とも避けたいのは、言うまでもありません。そうなると、やはり専門家に依頼することに越したことはありません。


自己破産は司法書士と弁護士でどちらを選べばいい?

どの専門家に自己破産を依頼するか決める際、是非とも考えたいことがあります。それは、司法書士と弁護士の違いです。この2つの職業は、いづれも法律に従事しているため、同じ職業のように捉えられてしまう傾向があります。しかし、この2つの職業について具体的に比較してみると、実は全く異なることに気づくものです。では、司法書士と弁護士については、一体どのように違うでしょうか。

まずは弁護士の場合です。弁護士の資格のある方は、司法試験に合格しているのはもちろんですが、それだけではなく、司法研修生としての経験を積み、弁護士会に正式に登録がなされていないといけません。また、この立場にいる弁護士は、行政から不当な介入があった場合でも、それに影響されることなく、弁護士としての活動を行っていくことができます。もちろん、弁護士は法律の専門家ですから、知識もスキルも群を抜いて高度であることは言うまでもありません。

では、それに対して司法書士はどうでしょうか。法務省による司法試験にパスをした上で、司法書士として登録している人のことを言います。司法書士の場合、一般的には登記や供託などの業務を行うのですが、人によっては、簡易訴訟に関する業務を行う場合もあります。

もちろん司法書士も知識やスキルはそれなりにはありますが、弁護士のように高い知識やスキルは備えていないので、この点は仕方ないと言えば仕方ないでしょう。また、行政の介入については、どちらかと言えば受けやすいです。

きちんと丁寧に説明してくれる専門家を選ぼう!

専門家を選定する場合は、「あの人は弁護士や司法書士だから大丈夫」という考え方で選ぶのは、実はあまり良くありません。それよりも、選定するポイントをきちんと把握した上で的確に専門家の質を見極めていくことが必要になります。ここでは、専門家を選ぶ際に必要な項目になる、丁寧な専門家という点についてお話します。

専門家にも色々なタイプの方が存在しますが、まず意識したいのが、自己破産を依頼する対象となる専門家が丁寧であるかということです。丁寧であれば、1つ1つの手続きを雑に行うようなことはなく、細部に至るまで丁寧に行うようになります。

1つ1つの手続きが適当になされてしまうと、後になってとんでもないトラブルを引き起こすことになり、自分が不利益を被ることになります。せっかく費用をかけて専門家に依頼したのに、お金を頂いている専門家に手を抜かれてしまえば、それこそたまったものではありません。だからこそ、どんな手続きにしても、丁寧に行う専門家に依頼する方が、断然得になるのです。

丁寧な専門家であるか否かについては、相談の時の話の内容に着目してみると見抜けます。相談の時に、単に債務の状況について専門家にお話をするだけではなく、もし自己破産をする場合はどんな手続きをするのか丁寧に説明してくださるのか否かについて確認してみます。

もしこの段階で、きちんとした説明がない場合は、あまり信用できないと思って良いでしょう。というのも、このような話をされた時にごまかすような専門家の中に、業務に対して本当に丁寧な方はいないからです。


話がわかりやすい専門家に自己破産を依頼しよう

丁寧な専門家を見つけることができたら、専門家の特徴についてさらに詳しくチェックを進めていきます。専門家の特徴についてより詳しく見てみると、話が明確な人とそうでない人と居ます。もちろん、望ましいのは前者のパターンです。では、話が明確とは、一体どういう点で明確なのでしょうか。

最も大切なことは、何かのトピックについて話をする時に、言いたいことが正確に相手に伝わるかどうかということです。自己破産に関するトピックはもちろんですが、それ以外のトピックでも、何が言いたいのかこちら側がきちんと理解できることは、絶対に外せません。

特に自己破産の場合、費用も少なからずかかるし、話の内容に対して納得がいかないうちから、お金を支払うようなことは、誰でもしたくはありません。大切なお金を投資するのですから、専門家なら誰でも良いと考えるわけにはいきません。

もし専門家と話をしていて、「一体何を言いたいのかわからない」と感じた場合は、無理してその専門家に自己破産の手続きを依頼する必要はありません。話の趣旨が何なのか理解できないような専門家は、故意に難しい言葉を多用することがあります。それによって、法律に無知な人から手続きにかかる費用を頂けると思っているのです。

また、話をしていると、話の途中に何かしらの矛盾を感じることも、こういうタイプの専門家では良くあることなのです。こういう場合は、専門家を探すのにかかった時間は仕方ないと割り切って、他の専門家を探す方が賢明です。


人生の一大事だからこそ誠実さが最重要!

自己破産を専門家に依頼しようと思っている人は、人それぞれの事情を持っています。もちろん、その事情は皆が同じであるはずはありません。ライフスタイルやお金の遣い方については、まさに十人十色ですから、専門家としては、単にマニュアルだけで対応するわけにはいきません。

専門家も生身の人間だし、専門家に相談する方も生身の人間です。そうなると、機械的に杓子定規的に対応するのは、専門家としては避けないといけません。それよりは、専門家に誠意が必要になります。では、ここでいう誠意とは、一体どういう意味での誠意なんでしょうか。

それは、相談者の言わんとしていることを、一句一句正確に理解する努力をしている専門家のことを言います。単に相談者の発している言葉を聞くのではなく、その言葉から相談者はどんなメッセージを伝えたいのか、そしてそのメッセージの奥深くには一体どういう気持ちがこもっているのかという点に関して、深く理解を示すことが大切なのです。

こういう専門家であれば、相談するだけで心から安心できるし、相談することによって、「この専門家は誠実だ」という印象を持つことでしょう。

相談者と誠実に向き合っている専門家は、手続きそのものに対しても、決していい加減な気持ちで当たるようなことはありません。手抜きをすることなく、1つ1つの手続きを確実に行うことについては、いかなる場合でも外すことがないのです。この点を軸にして専門家を選ぶだけでも、後々の利益が異なってきます。

自己破産記事一覧

自己破産の専門家をどうやって選べばいい?
自己破産を専門家に相談するメリット 自己破産をする際は、いかにして専門家を選ぶか...
自己破産は周りの人に知られるの?自己破産の疑問
自己破産は親戚や友人には知られずに済む これまでに学んだように、自己破産を行うこ...
自己破産によるデメリットは何があるの?
自己破産で免責が認められる金額の目安 これまで自己破産をすることによって、一体ど...
自己破産後の生活
自己破産後の金銭的な負担に関する変化 自己破産という言葉は、自己破産に対しての知...
自己破産の流れと費用
専門家への相談から スムーズに自己破産の手続きを行うためには、自己破産をする際の...

>

このページの先頭へ