借金が返せない!払えない!返済が苦しすぎる時の無料法律相談

借金が返せない!債務超過で元本が減らない!

借金が返せない

毎月の返済額が大きくなりすぎた・・・

督促の電話やハガキが何度も来る・・・

最初はほんの軽い気持ちで借りた、消費者金融での借金。しかし、あまりに便利なため、ついついことあるごとに借りてしまい、気づいたらいろんな金融会社に数百万の借金を抱えてしまっていた。

大手では借りられなくなって街金に手を出して、街金でも借りれなくなると、ソフト闇金にも手を出してしまった。

もう、返済不能なほどの借金となってしまった。

借金を重ねてしまったのは、自分の弱さだと自覚している・・・。

弱い自分を恥じる気持ちもわかります。

しかし、これから先も生きていくためには、前向きに生きられる環境に変えていかないといけません。

返すことができなくなった借金は、借金問題の専門家に相談をしてみて、解決の糸口を見つけていきませんか?

借金が一向に減らない。生活が苦しい方は。

毎月のリボ払いや借金の支払いが厳しくて、なぜか生活が苦しくて困っているという方。まずは毎月の支出と収入を見直しを。今の支出を減らせないかどうか、あるいは収入を増やす方法はないかなどを考えてみましょう。

おすすめの方法として、一枚の紙を取り出して、真ん中に縦にまっすぐの線を引きます。そして毎月の収入を左側に、毎月の支出を右側に、それぞれ書き出してみましょう。そして支出については、現在の借り入れから毎月どれぐらいの支払いをしているのか、リボ払いの利息や完済するまであといくらかなども正確に描き出すようにしましょう。

一度すべてを紙に書き出して見ることで自分の今の経済状況、財政状況を客観的に知ることができるようになります。

その紙を見ながら、どのようにしたら支出が減らせるか。収入を増やす方法はないか、考えるのです。

毎月の収入を増やす方法としては、何かアルバイト始めてみる、あるいはインターネットを使ったネット副業の仕事を探してみるなどが挙げられます。

借金は減らせます!

支出を減らす方法についてはたくさんあるでしょう。例えば電気代や光熱費などさらに減らすためにはどうしたらよいか。支出については食費などもどのようにすれば安く収まるか、さらに改善できるところはないか考えてみるのもいいでしょう。

このようにして自分の財政状況を良くするために、自分でできるあらゆる手段を講じてみて、それでも毎月の借金の返済が苦しいということになれば、それはもはや専門家に相談した方が良い状況でしょう。

その上で借金問題の専門家である弁護士や司法書士などまずは無料の相談を受けてみてはいかがでしょうか。

借金の相談は弁護士にするの?司法書士にするの?

クレジットカードのキャッシングや消費者金融、銀行カードローンなど、カード会社や金融会社からの借金の清算については、専門家は弁護士と司法書士がいます。

どちらも借金問題の相談はできますが、自己破産や任意整理などを受任できる借金の金額に違いがあります。

総額で140万円以内の借金の債務整理は弁護士・司法書士のどちらでも依頼を引き受けることができます。

しかし総額140万円を超える借金の清算は弁護士しか扱えません。法律によりそのように決められているのです。そのため数百万円に及ぶ大きな額の借金を抱えている場合は弁護士に依頼するしかありません。

借金の整理を弁護士に相談するか、司法書士に相談するかは、あなたの現在の借金が総額でいくらかで決めましょう。140万円以上の人は弁護士に相談です。

「借金の返済で毎月の給料の大半が消える」その状態は危険です。

毎月の給料もらっても借金の返済で給料の大半が消えてしまう。

こんな状態になっている方いらっしゃいませんか?

そのままではまた借金の返済のために、新たなの借金をしてしまうか、借金を滞納してしまい、ブラックリストになったり他社からの新たな借り入れができなくなるなど、デメリットばかりになってしまいます。

借金の返済が滞れば個人信用情報に事故情報が登録されたり、金融会社から遅延損害金が課されたりなど、借金がさらに広がってしまいあなたにとって良いことは全くありません。

毎月の給料で返済が行えなくなるほどの借金となってしまった場合は、早めに借金問題の専門家に相談をして対処の方法を考えた方が良いです。それ以外の解決方法はないと言っていいでしょう。

キャッシングなどの借金総額が年収の半分まで膨れたらすぐ専門家に相談を!

ある弁護士事務所の方の話では、住宅ローンや奨学金を除く借金の総額が年収の半分を超えるようになると、自力で返済できる人は極端に少なくなると言います。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングは法律により総額で年収の1/3までの借入に制限がされています。

でも最近は銀行の発行するカードローンが消費者金融やカード会社のキャッシングより低金利で限度額の制限もないのを理由に、利用者が非常に増えています。

銀行カードローンの人気に伴って、借金の総額がいつの間にか年収の半分を超えてしまう方も非常に多くなっています。

キャッシングやカードローンの借金の総額が年収の半分を超えているかどうか。これが専門家に相談するかどうかの判断基準になるでしょう。

年収の半分を超えているようならすぐに相談すべきです。

借金問題の専門家と言えば弁護士や司法書士になりますが、 こうした専門家に相談したら必ずその方に依頼しなければならない、というわけではありません。

専門家が提案した内容に納得がいかなければ、また別の専門家に相談するかすれば良いのです。専門家に依頼したからといって必ず依頼しなければならないわけではありません。断っても大丈夫なのです。

毎月のお給料がほとんどが返済に消えてしまう。そのような状態になっていたらまずは専門家に相談するという新たな一歩を出してください。

借金問題の専門家の先生たちも、相談者や依頼者がどのような気持ちで自分のところを立ててくるか、よーくしています。勇気を持って相談に来てくれた方に対して、精一杯力になりたいと考えていますよ。

「住宅ローンが払えない」自宅を残して借金を清算する方法もあります!

住宅ローンが残っているけれど借金が増えてしまって生活が苦しい。こんなとき債務整理を選択すると住宅ローンが残っている家は手放さなければならないのでしょうか?

債務整理を行うと必ず家を手放さなければならないというわけではありません。債務整理の種類によっては住宅ローンの支払いも家も残して債務整理を行うことも可能です。

債務整理は任意整理や特定調停、個人再生、自己破産の手続きがあります。このうち自己破産以外の手続きであればローンが残っている家を手放さずに債務整理をすることもできます。

任意整理の場合は整理を行う相手を選べるので住宅ローンを借りている金融会社を残して債務整理を行うことができます。任意整理を行った後も住宅ローンの支払いは残りますが、それ以外の借金を整理することは可能です。

特定調停の場合も任意整理と同じように整理する相手先を選べるので、住宅ローンが残っている金融会社を残して債務整理を行えば、自宅を残したまま借金を減らすことが可能です。

個人再生で債務整理行う場合は、住宅ローン特則という制度を利用 することで、住宅を残したまま債務整理を進めることができます。

しかし自己破産を行う場合は、住宅ローンが残っている住宅も手放すことになってしまいます。

家を手放すという問題はその後の生活に大きな影響を残すものです。 債務整理を行った後の生活のことも考えて、専門家にどのような債務整理の方法が適しているのか、よく相談することをおすすめします。場合によっては家を残したまま債務整理することも可能なのだと覚えておいてください。

債務整理はお金が全くなくても専門家に依頼できる!

債務整理の専門家といえば、弁護士や司法書士になります。
こうした士業の専門家に債務整理を依頼したいけれど、今まったくお金がなくて頼めない、そんな方が多いと思います。

でも安心してください。

債務整理の専門家の先生たちも、債務整理を考える状況ではお金がないことはよくわかっています。

そのため、多くの専門家が報酬の支払いが初期費用ゼロ・後払い・分割払いに対応しています。

報酬の支払いは債務整理が完了し、借金が大幅に減った段階で無理なく支払えばいいのです。

債務整理の専門家への相談は無料です!

債務整理の相談は、今は全国対応の法律事務所や司法書士事務所が増えていって、しかもインターネットで24時間いつでもメールで相談することができます。

債務整理をしようにも、債務整理もいろんな種類があります。

よく知られている自己破産のほかにも、任意整理や個人再生、特定調停など、債務整理にもいろんなやり方があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

債務整理の相談をしたら

銀行や信販系ローン、消費者金融はもちろん、街金やヤミ金でもお金を借りてしまった方も専門家なら解決に当たれます。

まずは専門家に相談してみて、あなたにはどの債務整理の方法があっているのか。教えてもらいましょう。

当サイトでは債務整理の専門家への相談を無料で受け付けている法律事務所や司法書士事務所のサイトばかりを集めています。

どの法律事務所も司法書士事務所も初めての相談は無料です。

無料で専門家のアドバイスを受けられる良い機会ですから、返せない借金で悩んでいる方はぜひ相談してみてください。

出張相談も可能!交通費は無料

司法書士法人はたの法務事務所 
全国無料出張!365日24時間電話相談
手持ち金0円で今月のお支払から止めます!東京

債務整理の無料相談ができる専門家

過払い金の請求で失敗しないために

主婦が過払い請求をする場合 近頃は主婦が主婦だけの信用情報で金融機関からお金の借り入れをすることが容易な時代になっているため、昔はサラリーマンが金融機関のカードローンやキャッシングを利用して借金を増や

過払い請求は自分でもできる。方法とメリット・デメリットは?

過払い請求ができなかった場合を想定すること 過払い請求を考えている人の中には現在進行形でたくさんの借金を抱えている人もいるかもしれませんが、そのような人の中には過払い請求で過払い金が戻ってくることに全

過払い請求を弁護士・司法書士に依頼する

過払い請求を依頼するなら法律事務所?法務事務所? 過払い請求は自分で行うと言う人は結構多くいますが、過払い請求をすること自体はそこまで難しいことでは無いものの、過払い請求の対象となる金融機関もできるだ

過払い請求の前に。時効やメリット・デメリットについて

過払い金の請求は時効に注意! 過払い金はグレー金利ゾーンでの借り入れをしていた人のほとんどに発生していますが、一昔前まではグレー金利ゾーン以上の金利でカードローンやキャッシングサービスでお金を貸し付け

過払い金請求の基礎知識

払いすぎた利息を取り戻すための過払い請求 最近の消費者金融や銀行のキャッシングサービスやカードローンの金利と言えば、10数%が一般的な金利帯となっていますが、これらのローンサービスの金利を見て、金利が

個人再生が向いている人、向いていない人

個人再生が向いている債務者のケース 個人再生というのは、債務者の方の救済方法の一つとしてあります。借金をためこんでしまい、債権者に返済ができなくなってしまったというのは、確かにその債務者の方に責任があ

個人再生する前に知っておきたいこと

個人再生にもデメリットはある。 個人再生には、メリットがたくさんありますが、利用する際には、きちんとデメリットについても理解しておく必要があります。 確かに、個人再生には、優れた特徴がたくさんあり、他

個人再生の成功のポイント。人生の再出発のために

個人再生は難しい?個人再生の成功のポイントとは? 個人再生の手続きをしてもらっても、それが失敗に終わるケースは、稀ではありません。実は個人再生に関してはよくある事なのです。しかし、失敗したくなどありま


>

このページの先頭へ